2020年春分の日におきたこと

今、ぱーっと頭の中でストーリーが展開されていった

忘れてしまわないように書き留めます

小学生の私が、自分の部屋の窓の枠に登って体育座りをしているところから始まる
空の雲が流れていくのを見ながら
何時間も過ごす
「私はどこから来たのかな?どこにい行くのかな?」
よくそんなことを考えている子でした
すると…

後に生まれてくる子たちを
守って!
社会から…心ないものから…
子どもたちが世の中をつくるのを見守って!
前例がないとか、枠に閉じ止められてしまうのを阻止し
子どもたちのエネルギーが
発揮できるフィールドを作って!

そんなメッセージが流れてきた

あぁ、そうか

だから娘は私のことを
大嫌い‼️とばっさり切りつけて
試すようなことをたくさんしてたんだなぁ

息子も私にもっと強くあれと
そばで見ていたら冷や冷やすることをして
鍛えてくれてたんだなぁ

私が育てた2人は今の子どもたちをサポートするための
前段階の子どもたちだった

2020年、世の中が変わりはじめてるのを感じる

この新型コロナウイルスもこのタイミングで起きているのは意味があるってことかぁ

再生の前の破壊

これは何がどうと言葉では説明できないんだけれど

今まで当たり前だったことが当たり前じゃなくなる

今までなかったものが生まれて
社会の価値観が変わる

私は先に生まれてきて
いろんな経験をして
今の子どもたちが活躍するのを
サポートするというお仕事をするためだったのね

と妙に納得

いつか見た
森の出口の案内板の前で立ってい私案内をするわけではなく
行き交う人をただ見てる
その映像が

今、つながった

子どもが大好きなわけも
赤ちゃんを安心させて寝かしつけられるわけも
居場所を創りたいわけも
子育てしているママを応援しているのも

ぜーんぶ

書き終えてから気がついた今日は春分の日昼と夜が同じ長さになり西洋占星術では『宇宙元旦』というそうです

インスピレーションが入りやすくアイディアも湧きやすいとありました

春分の日の今日まだもう少し時間があるので古いものを手放して、良いエネルギーが入る空間を確保しちゃいましょう♪