[ ライフスタイル ]

子どもには子どもの、ママにはママの人生を♪

撮影のお仕事も

そのほかの活動もすべてつながっているのです。

人と人・コト・モノをつなげるフォトコミュニケーターのなみです。


写真を撮るときにシャッターを押す人は基本的に
写真には写れない。

三脚を立ててタイマーで・・・
ならば可能だけれど

集合写真のようになってしまう。


より自然に溶け込むような写真を残したい。


先日、ファミリーフォトのご依頼で伺ったのは
ちびっこのいないファミリーフォト。

どうしても小さな子どもの成長を~♪
と考えてしまいがちだけれども
とても素敵な親子の撮影になりました。

月日が経っても親子の関係は変わらない。



写真は自分がどんな表情をしていているのか
今、何を考えてどういうライフスタイルで
将来はこんな夢を持っている。

そんな今の自分が写っている。


大切な人の前にいる自分の存在の可視化ができ
自己肯定感をUPできる 温かいツールなんですね。

ママが笑顔でいることが
すベてうまくいく秘訣だと気づく。



子どもには子どもの人生がある。

そして同じようにママにもママの人生がある。


ママの人生の中で、今は子育てをしている自分を楽しめる♪

そんな自分を写真の中に見つけてください。

そして、自分の人生を考えた時に
子どもに依存していてはだめだと思ったとき
自分を見つめてみる時期なのだと思う。

プロフィール写真を撮るときも
飾らないありのままの自分で!


特にファミリーフォトなどの時に
親は写らなくていいとおっしゃる方がいますが


撮影に来てくださっている人、
それぞれが主役です。




自分が主役の一枚を♪





タグ: