ライフスタイル

世界がひっくり返った!写真は自己表現のツール PFOTO&TORIP

旅に写真は必需品。

どんなに荷物が多くても連れていく一眼レフ。




元旦の東京駅丸の内

f:id:hitomachistory:20190106124402j:plain




写真は私にとって自己表現方法





その土地に行かなければ見れない景色がある。

一緒にいる人が同じ場所から撮っても
同じ写真にならないのは
写真が自己表現のツールだから。





写真を撮るということの概念

 
カメラを学び初めて知る写真を撮るということの意味。
それまでは被写体を追いかけることだけに必死になっていた。


その世界がひっくり返った!!

自分の位置
目線の高さ
何を見ているか
シャッターを切る瞬間



すべて自分が決められるということへの驚き。

一つでも違えば違う写真が生まれることへの感動。

f:id:hitomachistory:20190106131513j:image


より、自分の撮りたい写真を追求していくようになる。

PFOTO&TORIP ふぉとととりっぷ

旅は自分の知らない世界を見せてくれる。

その時にしかないもの

その場所にしかない景色

出会えるすべてのものが新しい!!

感性を研ぎ澄ませて感じることに専念をする時間。

日ごろ追われていたものを忘れる時間。




そんな旅のように毎日を過ごしたい!

本気でそう思っている。

だから ふぉとととりっぷ 

眠りに入る前に浮かんできた言葉だ。

私的にはとが3つ重なってて一つの言葉のように聞こえて気に入った。

「TORIP」を調べたら「小旅行」という意味のほかに
「お出かけ」という気軽な意味もあるようでますます気に入った。



自分の感性を大切に毎日を丁寧に過ごす。

パートナーを信じ最大限の力を発揮できるようにサポートをすることが

私の夢でもあり残りの人生の課題。

サポートと言っても私が私らしく笑っていることが

彼を輝かせ、私も輝く 人生のふぉとととりっぷ♪